上海・華東の旅行情報を現地よりご提供!

現在の場所:

上海・華東

>

ニュース一覧

>

ニュース詳細

北京大興国際空港(北京首都第二空港)2019年10月開港に伴う航空会社 移転 情報

 北京大興国際空港(北京首都第二空港)
2019年10月開港に伴う航空会社 移転 情報

 

                                                                                  画像引用:北京新机场设计图
1月5日  新華網 情報 
 北京中心部より約50kmの場所に建設中の超巨大新空港、北京大興国際空港
(北京首都第二空港)が2019年10月に開港する見込みであると人民網が報じました。
開港時期は予定通りで順調に工事が進んでいるようです。
 
 
  ターミナルビルの主体工事は既に終えていて、残す電気関係の内装、管制塔、給油施設など
の工事に目途が立ち9月にも運用体制が整い、翌月の10月より開港となる見込みです。

  新空港には滑走路4本、268スポットが整備され運用後はスカイチーム、ワンワールド加盟
航空会社、中国系航空会社(中国南方航空公司CZ・中国東方航空公司MU・首都航空公司JD
河北航空公司NS・春秋航空公司9C・中国聯合航空有限公司KN・吉祥航空公司HO
が北京首都国際空港から移転する予定となっています。

  アジアの巨大なハブ空港となるので、ハブ空港の競争が加速され日本にも少なからず乗り継ぎ乗客数等の影響が出ることが予想されます。
 【北京大興国際空港 へ 移転予定】
・東方航空 MU (含:上海航空 FM、中国聯合航空 KN)
・南方航空 CZ (含:厦門航空 MF、河北航空 NS、江西航空 RY、重慶航空 OQ)
・首都航空 JD   

【北京首都国際空港 継続利用予定】
・中国国際航空 CA(含:深セン航空 ZH、山東航空 SC、昆明航空 KY)
・海南航空 HU (含:天津航空 GS、 祥鹏航空 8L、西部航空 PN、大新華航空 CN)
 
★外国の航空会社は、上記どちらの航空を利用するか選択中(どちらかの空港選択要、2空港利用不可) 
①日本航空 JAL、全日空 ANAは引き続き首都空港利用  ※7/12 現在
②英国航空 BA は、10/27以降 全ての北京⇔イギリス便を大興空港へ移転
③そのほかの情報は、入り次第更新させていただきます。

6月15日 新京報 情報
 2019年冬季~2020年春季より、中国国際航空(CA)も、北京新空港 大興国際空港より下記新フライトを運行することを発表した。
●北京大興国際空港 ⇔ 重慶 浦東 昆明 南寧 ハルピン 深セン 長沙 瀋陽 湛江

 2019年1月 民航局の発表によると、北京大興国際空港 稼働後、東方航空集団(MU)、南方航空集団(CZ)は移転、中国国際航空(CA)は継続して首都国際空港を利用する予定でした。ところが、4月に民航局の通達により、東方航空の 「京沪快線」(北京-上海便)のみ継続して首都空港利用を了承した経緯から、東方航空集団便の北京大興国際空港の利用率が40%⇒30%に減少した。それにより、中国国際航空(CA)の一部の便を、北京首都空港から北京大興国際空港への移転を認めた形となる。
7月1日 愛範兒 情報
北京首都国際空港 ⇒ 北京大興国際空港 へのフライト移転スケジュール
●2019年10月27日~2020年03月28日
 東方航空 MU、南方航空 CZは、最低10%のフライトを大興空港へ移転
   河北航空 NSは、大興空港便増便、首都航空 JDは1度にまとめて移転予定

●2020年03月29日~2020年10月24日
 東方航空 MU、南方航空 CZは、約60%のフライトを大興空港へ移転
   厦門航空 MF、重慶航空は1度にまとめて移転予定

●2020年10月25日~2021年03月27日
 東方航空 MU、南方航空 CZは、約80%のフライトを大興空港へ移転
 
●2021年03月28日~2021年10月30日
   東方航空 MU、南方航空 CZは、100%のフライトを大興空港へ移転
   上海航空 FMは、
1度にまとめて移転予定

 

2019-07-12 10:50:17