上海・華東の旅行情報を現地よりご提供!

現在の場所:

上海・華東

>

ニュース一覧

>

ニュース詳細

上海(中国)在住者・生活/国内移動/国内旅行用 健康QRコード「随申碼 他 」の利用方法

上海(中国)在住者・生活/国内移動/国内旅行用 健康QRコード「随申碼 他 」の利用方法

 

 3月より、上海(中国)に滞在している外国籍の方の生活・外出・国内出張/旅行の便宜を図る為、
「健康コード」サービスの利用が始まりました。中国各地で呼称が異なりますが、基本的に同じ仕組みとなり、
上海での健康コードの呼称は「随申碼」と言います。(上海以外でも基本的に登録方法は同じ流れとなります)
ここでは上海版の健康コードを例にとり、ご説明させていただきます。
 
「健康QRコード」は、一部のオフィス、居住区、駅などに出入りする時に、「入館証明書」として
提示を求められる場合がございます。※緑色表示がないと入館できないなど、建物により規定がございます。

外国籍の方は、支付宝(アリペイ)により「健康QRコード」を取得可能となります。
具体的な手続きは下記の通りとなります。



1、支付宝(アリペイ)トップ画面右下の「我的」を選択
     

2、個人画面上部の赤枠部分を選択
     
 
3、身分認証を選択、個人情報を入力後、「已実名」表示に変更
 
     
 
4、支付宝(アリペイ)から下記QRコードをスキャン
     

5、問題なければ下記随申碼 /健康QRコード」が表示
     
 

または上記4番以降を下記の流れで取得可能です。
 
4-B、「健康碼」をクリック → 自動的に「随申碼 / 健康QRコード」を表示
     
4-C、「我的小程序」を選択し「随申办」を検索、
   その後下記画面の赤枠「随申碼/健康QRコード」をクリック
     
5、問題なければ下記随申碼 / 健康QRコード」が表示
 
     
「随申碼 / 健康QRコード」で緑色の表示がされれば、入館・入場可能と判断されることとなります。 ※こちらの制度を取り入れていない建物に関しては、施設の規定に沿って対応ください。
     

• 緑色:異常がない、または14日間の医学管理措置が解除されている人
• 黄色:重点地域から上海に入り、14日未満の方
• 赤色:医学管理措置が解除されていない、退院が確定していない、疑いが排除されていない方など
 
上記登録済の方は、国内出張・旅行の際は各地の健康コードが取得可能となります
 
1.「健康碼」をクリック 
     
2. 上部の 「选择地区:」をクリック 
     
 
3. 表示される都市名を選択し、その後の記入(目的地により記入内容が若干異なる) 
     
 
4. 問題なければ緑色コードが表示(各地により緑コードのデザインが異なります) 
※搭乗されるフライト便名/鉄道名や座席番号を入力しないと入力が完了しない場合がございます。
     
 

 

2020-07-30 12:25:59