上海・華東の旅行情報を現地よりご提供!

現在の場所:

上海・華東

>

ニュース一覧

>

ニュース詳細

【中国→日本】各種準備の流れ一覧 ①PCR ②出国健康QRコード ③日本入国質問票QRコード

           

 コロナ禍の日中移動に際して、絶えず手続きが変化しております。

2021年2月4日の【中国→日本】移動時の各種手続きをまとめましたので

ご案内申し上げます。


【中国→日本】

①ご搭乗フライトの72時間前以降にPCR検査(緊急事態宣言下)

②中国ご出発空港ご出国24時間前以降に健康QRコード取得(出国時に検疫官に提示)

③日本入国前に質問票Web入力し、QRコード取得(日本入国時に検疫官に提示)


①ご搭乗フライトの72時間前以降にPCR検査(緊急事態宣言下)

緊急事態宣言が解除されるまでの間(2/4時点では3月7日まで緊急事態宣言予定/以後延長

の可能性も有)、中国出国前72時間以内のPCR陰性証明が必要となります。政府指定の

所定のフォーマットがあり、フォーマット対応している検査機関は、領事館発表の下記と

なります。

※注意:旧正月や3月末など繁忙期は、対応検査機関(特にサンテック病院/申徳医院、浦南

医院)は予約が多く混み合います。帰国日確定後、早めに予約されることをオススメ致します。

※詳しくは過去配信したこちらをご覧下さい

※検査をご予約される際には、ご自身で医療機関に対し「所定フォーマット」による検査証明が発行されるか

必ずご確認ください。


②中国出発空港ご出国24時間前以降に健康QRコード取得(出国時に係官に提示)

1月31日 時点、中国当局検疫の指示により、現在中国各空港ご出国に際し「健康電子QR

コード」が求められております。出国カウンターにて中国検疫官への提示が必要と

なります。Wechatなどで下記QRコードをスキャン頂き、入力下さい。

※健康QRコードの有効期限は24時間となります。その為、出国時間の24時間前 以降に

手続きお願いいたします。

▼下記クリック頂くと、拡大画像をご覧いただけます。

③日本入国前に質問票Web入力し、QRコード取得(日本入国時に検疫官に提示)

新型コロナウイルス感染症の防疫措置の一環として、日本に入国または帰国する渡航者は、

その滞在歴や健康状態などを「質問票」に記入し、検疫官に提出することになっています。

入力する事項は、渡航者情報、日本での滞在場所情報等となります。

「質問票」にて発行されたQRコードを検疫官にご提示いただく必要があります。日本到着

後に登録する場合、空港の無料WIFIに繋ぎ、入力することとなり時間を要します。

その為、中国側で座席確定後、ご出発前までに入力頂くことをオススメいたします。

(成田空港・関西空港ご到着後、スムーズとなります。)]

▼下記クリック頂くと、拡大画像をご覧いただけます。

 

 

2021-02-18 14:18:30